企業団とは 経営と財政 水質情報 貯水状況 環境への取組 イベント・広報誌 議会情報 監査情報 例規集 関係団体のページ 入札情報 採用情報

 

水質管理体制





    企業団では、常に安全でかつ清浄な水道水を供給するため、目視や官能試験及び水質計器による連続測定、
また、専門の職員による法律に基づいて行う水質測定(検査)及び企業団が独自に選定した項目の水質測定
(試験)を各拠点で計画的に実施し、水源から給水まで、一元的に、厳密な水質管理を行っています。
     
        
水源・取水の水質管理
   水源及び取水する水が浄水処理能力を超えていないかどうか確認しています。
       
     
水源域の水質試験 
水源域の水質保全状況及び水道
水質に影響を与える物質や生物を
監視する目的で行っています。
   
   
   
    
      
      
取水の水質試験 
   取水する水が、企業団が保有する浄水処理能力の範囲にあることを確認するとともに、
   水質の変動に応じた適切な浄水処理を行うために実施しています。
       
       
突発的な水質事故に対する監視 
油・毒物・臭気物質などによる
突発的な水質異常などに対応
するため、目視や官能試験及
び水質計器による連続測定、
魚類による毒物監視等24時間
体制で水質監視を行っています。
     
  水道システムの水質管理      
     
  戻る